検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
キーワードを入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • NEW
商品コード:
679001

【タナカレンコン】蓮根パウダー 60g

販売価格(税込):
756
関連カテゴリ:
粉類 > その他の粉製品
乾燥した蓮根は栄養素が濃縮されています。特にミネラルと食物繊維。
お味噌汁や煮物、そしてパンを作るときに一振りしてみてはいかがでしょうか。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

原材料

蓮根(タナカレンコン100%)

タナカレンコンの農法

私達は、「出来るだけ、自然に近い形」
でレンコンを作ることを心がけています。

自然界では、全ての生き物がバランス良く生息しています。

「動物や植物、微生物のバランスが整っていれば、成分も整うはず」

その思いから、畑の中でも様々な生き物が生息するように、
心掛けてきました。

​不要なものは入れない、草はある程度残す、湧き水を使う…etc
私達が杵築市でレンコンを作り始めて9年経ちます。
初めの2年間は、いわゆる自然栽培に取り組みましたが、レンコンが草に負け、なかなか定着しませんでした。
悩んだ末、少量の有機の発酵鶏糞を入れたのです。
その結果、確かにレンコンは育ちました。
しかし、徐々に畑を広げつつ、迎えた4年目に信じられない程の不作を迎えました。

もうやめてしまおうかと悩む中で、
知ったことはカルシウムやマグネシウムといったミネラルの重要性です。


多く農家が、化学肥料や鶏糞などを畑に入れる理由は、窒素・リン酸・カリウムを作物に与えるためです。

確かに、窒素・リン酸・カリウムは、光合成や根っこの発育、エネルギーの代謝などに役立ちます。
したがって、作物が大きく育ちます。
しかし、これらは自然界の植物には、(農作物と比べ)あまり含まれません。

自然界の植物にはカルシウムやマグネシウム、イオウ、鉄などのミネラルが多く含まれます。実は、これらも光合成や根っこの発育、エネルギーの代謝などに役立ちます。また、イオウなどには虫に強くなる働きもあるため、害虫に負けない強い植物が育つのです。

また、窒素・リン酸・カリウムは自然界にも存在しています。

さらに、山から湧き出る水、そして落ち葉。これらが、レンコンに必要な栄養素を運んでくれます。

ですから、私達は窒素・リン酸・カリウムをレンコンに与える必要はないと考えています。

タナカレンコンが作る備中種蓮根

実はレンコンには種類があります。
タナカレンコンのレンコンは「備中種」と呼ばれるものです。
これとは別に、スーパーなどで見かける「だるま」という種類があります。
短くコロコロとしているものです。
備中種のレンコンは、昔からだるまに比べて高値が付きます。

その理由は、大きくわけると2つ。

1.味が濃く、食感が良い
備中種のレンコンには甘みがあり、シャキシャキとしています。

2.収穫が大変
だるまが生育するのは、地下20cmから30cm。私達の畑の備中種は40cmから50cmです。

ですから、収穫はかなりハードです。

現在は、品種改良されて育てやすく、味も良いレンコンがあるようですが、私達は備中種のレンコンしか育てる気がありません。

だって、じーちゃんが残してくれたものだから

蓮根の収穫

私たちの収穫時期は10月半ばから、3月上旬までです。

10月になるとレンコンの葉が落ち、茎だけが立っています

地下で生きているレンコンはこの茎を通じて、呼吸をしています。ですから、私たちはこの茎を収穫ギリギリまで倒しません

収穫は主に4つの道具を使って行います。

まず、バケツ。10月頭には、畑の水を完全に抜きますが、
雨が降ると水が溜まってしまいます。
タナカレンコンのレンコンは地下深くの粘土質の部分で生育します。そのため、水があると掘りにくいのです。ですから、バケツで水を搔き出します。
昨年より、ポンプを導入したので少し楽になりました。

次にレンコンを計るはかり。

そして、祖父から受け継いだガンヅメとヌキ。これを使って、レンコンを掘ります。

ガンヅメを使って、浅く広く掘ります。

大切に育てた蓮根だから、
1本、1本
​手掘りで収穫しています。

浅いところには小さいレンコンがあります。
さらに掘り進めると、大きいレンコンが出てきます。

右の画像のように、節から子レンコンが出てきます。
そして、子レンコンの節からも孫レンコンが、、​


「親から子へ、子から孫へ」

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。