検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
キーワードを入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

夏バテ予防!コタンならでは厳選素材で甘酒を手作りしましょ

甘酒 甘酒 甘酒 甘酒

夏に甘酒??


 甘酒と言えば寒い冬と連想するかもしれませんが、俳句では甘酒は夏を意味する季語として使われています。江戸時代には暑い時節になると天秤棒に甘酒を担ぐ人が夏の風物詩となっていたようで、もともとは夏の飲み物でした。なぜ、夏に甘酒なのか?クーラーも冷蔵庫もない江戸時代は、厳しい暑さに夏に亡くなられる方が多かったようです。そこで、飲みやすく、庶民でも手にしやすい甘酒を総合栄養剤として取り入れられていたようです。夏バテ予防には、鰻と思いつくかもしれませんが、絶滅危惧種に指定された昨今、鰻は見守ってあげて栄養価で匹敵する発酵食品の甘酒で暑い夏を乗り切りましょう!



甘酒の栄養は?


 体に良いと言われている成分が実に30種以上の栄養素が含まれていると言われています。即効性のエネルギー源になるブドウ糖。体の形成に欠かせない必須アミノ酸も9種類全て含まれています。さらに、疲労回復効果があるビタミンB群や、汗で失われるナトリウム、マグネシウム、カルシウムなども含まれています。この他にも、100種類以上の酵素が消化の手助けをしたり、二日酔いの原因である低血糖を予防してくれたりと、まさに甘酒は”飲む点滴”!万能薬だったのです。脳を起こしてくれるブドウ糖が含まれているので朝コップ一杯飲むのが効果的ですね!



手造り甘酒のセット内容


○お米・・・・坂井さんの玄米1kg。岡山県産 農薬・化学肥料・除草剤を一切不使用!そして今では手間がとてもかかる事から、かなり珍しくなってしまったはせがけ完全天日干しのお米!手間も愛情もたっぷり注がれた美味しいお米。 品種は「あけぼの」です


○玄米麹・・・国産三分搗き玄米を使用しておりますので栄養価も高くコクのあるおいしい甘酒ができます。岡山県瀬戸内市長船町の備前長船名刀味噌本舗。1954年に備前刀発祥の地である備前長船にて創業。以来、「無添加」、「自然醸造」、「長期熟成」を貫き、みそ・麹・あま酒・ひしお等を製造販売している親子三代で本物をつくるこだわりの麴。原料のお米は全て岡山県産。できる限り県内で有機JASの認定を受けている農家さんのお米を使用しています。(収穫量の変化により、全てではありません。)

甘酒の作り方


①270mlの水に玄米麹を500g入れ、よく混ぜて1時間放置して生麹に戻します。


②米540~720ml(3~4合)をおかゆ状に炊きます。(玄米<白米<もち米 の順に甘さがより甘くなります。いろいろお試しください。玄米で作る場合には、おかゆにした後にひと手間加えて、ミキサーにかけてから麹と合わせると甘くなりやすいです。)


③熱いうちに①の生麹をを加えよく練り合わせます。ここでポイント!おかゆを60℃くらいまで下げてから麹を入れて下さい。温度が高すぎると麹菌が死滅してしまい全く甘くなりません。


④炊飯ジャー(保温器)に入れて、50~60℃の温度に保ち、6~8時間保温して出来上がりです!ここでポイント!温度のキープがかなり大事です!温度が高すぎると麹菌が死滅してしまい、逆に低すぎると発酵が進まず全く甘くなりません。玄米麹を作っている名刀味噌本舗の高原さんに聞いてきましたが、ベストの温度はずばり55℃!だそうです。


⑤出来上がったら発酵が進まないように(酸っぱくならないように)火入れする場合もありますが、生きた酵母を体内に取り込みたいのでそのまま飲むのがコタン流のお勧めです!冷蔵庫で保管しお早目にお召し上がりください。多く作った時は冷凍保存もできます。


※温度管理が最大のポイントですので食品用の温度計を準備して下さい。何百円で購入することができます。



甘酒の使い方は?


もちろんそのままお湯や水でとかして一杯!さらに・甘酒豆乳ラッシー・甘酒アイス・甘酒パン・甘酒クッキー・甘酒ドレッシング・甘酒の漬物・お肉を焼く前に漬け込むなどなどなどなど、お料理の砂糖がわりに使ったり発酵パワーを利用して色んな素材の旨みを引き出したりと、使い方はあなた次第。甘酒レシピが無限に拡がります。


さぁ今年も熱い夏を乗り切ろう!!!


日本国内の原発が止まったら江戸時代に戻るなんて言ってた人もいましたが、江戸時代から学ぶ事は沢山あります。農産品が完全自給できていた。リサイクルが徹底していたのでゴミがでなかった。などなど・・そして夏に甘酒を飲んでいた!米麹から作る為アルコールも初めから含まれていないので老若男女を問わず、豊富な栄養が摂取できしかもなによりおいしい甘酒。毎朝のサイクルに甘酒を飲む習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?『ママ~今日は甘酒ないの~?』なんて夏休みに子供にせがまれる生活、子供たちに安全で栄養豊富な食べ物を作れる安堵感。なんて素敵な毎日でしょう。


コタンならではの厳選素材で甘酒作って、さぁ今年の熱い夏もみんなで元気に乗り切りましょう。