検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
キーワードを入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

コタンならではの厳選素材で、オリジナル塩麹つくりましょ。

コタンならではの厳選素材で My塩麴つくりましょ。 コタンならではの厳選素材で My塩麴つくりましょ。 コタンならではの厳選素材で My塩麴つくりましょ。 コタンならではの厳選素材で My塩麴つくりましょ。



そもそも 麴って?



 近年になり見直されている日本特有の発酵文化。世界にも微生物を使った発酵食品はありますが、日本の麹菌と同じ種類の菌を使う国は実は他にありません。まさにコタンが追い続ける Japonesian organic ずばりでございます。味噌・しょうゆ・酒・酢・みりん とても身近で日本人が古くから愛用していた切っても切れない仲の調味料たちは、麴菌をスターターの役割として使用し作られてきました。 日本人の食文化の根本に麴君は隠れて大活躍しているんですね。それを今回の手作り塩麹セットで表舞台へ出してあげましょう。それも、市販品ではなくコタン厳選の素材で塩麴を手作りしてみませんか!とってもおいしいのに作り方はとっても簡単です!




塩麴で体に『いいこと』



 麹菌といえば酵素。酵素といえば麹菌といえるほど、麹菌は酵素の『宝箱』とも言われています。発酵の素がたくさん含まれています。酵素をおおまかに分けると3種類あり、『消化酵素』・『分解酵素』・『吸収酵素』に分類されます。酵素は、食材に含まれるデンプンやタンパク質を分解して食材を柔らかくすると同時に、糖やアミノ酸やグルタミン酸などを作り出し、お料理に自然の甘味や旨味をもたらしてくれます。こうした酵素の作用に乳酸菌や酵母の働きで生まれた味も加わり、多くの味覚要素が合わさった味となる為、食材を普通に食べた時より深みや味の広がりがぐんと増してさらに美味しく感じられるようになります。発酵食品である塩麹には、麹の酵素による原料の分解だけでなく、乳酸菌や酵母などの微生物の働きも加わって、ビタミン(B1、B2、B6、パントテン酸、ビオチン(ビタミンH))なども豊富に含まれ、単体の塩に比べて多くの栄養素を含んでいることから、塩麹として出来上がった時点で栄養が山盛りです。更に、乳酸菌は腸内環境を整える 『整腸作用』 で知られ、体質改善効果があるとされ、そこから美肌効果や老化防止効果の得られる健康食といわれています。




材料は?



玄米麴・塩・水のみです!!! 

材料がシンプルだからこそ、素材はしっかりとしたものを選びたいですね。そこで、コタンならでは厳選の材料を!!


○玄米麴・・・・ 岡山県瀬戸内市長船町の備前長船名刀味噌本舗。1954年に備前刀発祥の地である備前長船にて創業。

以来、「無添加」、「自然醸造」、「長期熟成」を貫き、みそ・麹・あま酒・ひしお等を製造販売している親子三代で本物をつくるこだわりの麴。原料のお米は全て岡山県産。できる限り県内で有機JASの認定を受けている農家さんのお米を使用しています。(収穫量の変化により、全てではありません。)


○塩・・・・・・・ 土佐の山塩小僧。海水を山に運んで天日で作ったお塩。「海で作るのに比べると気温も上がりにくいし日照時間も短い山では効率性は良くないが、のんびりした陽で時間をかけて結晶化させる方がミネラルも塩の中に残っていて、甘くなる」と生産者の森澤さん。天日でゆっくり結晶化しているため粒が大きい荒塩になります。無理の無い気温で作られた塩は、甘みと苦みが強く、ミネラル感たっぷりの海の味がします。生産量はお天道さま次第、シンプルで生命力あふれる自然塩です。

        

         

         


○水・・・・・・・ お好みのお水で。




作り方は?


材料を混ぜて、一週間ほど日に一回愛情こめてかきまぜるだけ!育てる楽しみ。

ポイントは、玄米麹なので、麹と塩をしっかりと手で揉んでなじませること。水は麹が浸かるひたひたをキープすることです。

一番大事なのは、あなたの手でしっかりと愛情を込めて、麹君を優しく起こしてあげるイメージで揉んであげることです。

あの『発酵道』や、小豆島のヤマロク醤油さんも言っていましたが、菌たちは、ちゃんと私たちの事をわかっていてくれるとのこと。愛情って大事ですね。

詳しくは、コタンスタッフ じゅんこママの安心簡単レシピを同封します。

完成したら冷蔵庫へ。夏場でも、冷蔵庫で3~4ヶ月は日持ちしますよ!