升本屋 / 梅ザラメかりんとう 140g

升本屋 / 梅ザラメかりんとう 140g

購入数
価格 486円(税込)

ザラメの甘みが来て、その後にちょっと塩みが来て、最後に梅の酸味がやってきます。
この意外な味の組み合わせにファンが続出している、人気商品です。
甘くて、すっぱくて、ちょっとしょっぱい、不思議なハーモニー。
食べる度に、代わる代わる変化する味わいが、楽しいかりんとうです。

原材料名 糖類(砂糖・水飴・黒砂糖)、小麦粉、植物油脂、乾燥梅、蜂蜜、酵母、ごま、食塩、着色料(アントシアニン・紅麹)、酸味料(クエン酸)
内容量 140g
販売者 升本屋

升本屋 梅ザラメかりんとうができるまで

■せたがや梅祭りでもおなじみ
升本屋は元々、世田谷区の北端にある街の酒屋です。現在の店主で三代目の自営家業です。
創業は昭和24年。初代は梅田四郎。そう、梅田家の家業なのです。

世田谷区の梅田が発売しているかりんとう、そこはやっぱり「梅」を使ったかりんとうが欲しい。

梅のお菓子というと、沖縄の「スッパイマン」が浮かびました。
甘くて酸っぱくてちょっとしょっぱく、泡盛のおつまみにもぴったりです。
おつまみのニュアンスを持ちながら、お菓子として楽しめるというバランスで生まれたのが「梅ザラメかりんとう」です。

世田谷区には梅ヶ丘という地名があり、そこは勿論、梅の名所であり「せたがや梅祭り」が毎年開催されています。
現在ではこの祭りの公認お土産にもなり、大変好評いただいております。

お酒を含んでみると、梅の味がさらに際立ち、浮き上がり、ついついもう一口&もう一個と止まらなくなってしまいます。
特に焼酎や泡盛でこのような現象が起こりますが、日本酒やあえて梅酒とのマッチングも楽しいものです。

〜升本屋オンラインサイトより転載〜

お酒とのマッチング

梅酒・焼酎・日本酒・泡盛に

自然保護にひと役:升本屋の社会活動

升本屋では、自然環境の保全が健全な食に繋がるという考えから、その活動に役立てていただくために、かりんとうの売り上げより、各商品1袋に付き1円を自然保護団体WWFに寄与しています。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

売れ筋商品