発酵道 酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方 / 寺田啓佐

発酵道 酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方 / 寺田啓佐

こちらの商品は品切れです。

自然酒蔵元『寺田本家』23代目当主の著者が、微生物の世界から学んだ生き方論。

微生物は謙虚な姿勢でありながら、自分らしく、楽しく、仲よく生きているように見える。
そこは大きな共生の世界、仲よしの世界、感謝と報恩の世界だ。
〜本文より〜

著者

寺田 啓佐(てらだ けいすけ)

【著者紹介】
1948年、千葉県生まれ。自然酒蔵元『寺田本家』23代目当主。
1974年、300年続く老舗の造り酒屋『寺田本家』に婿入りする。
1985年、経営の破綻と病気を機に、自然酒造りに転向。自然に学び、原点に帰った酒造りによる「五人娘」を製造販売する。その後、発芽玄米酒「むすひ」や、どぶろくの元祖「醍醐のしずく」など、健康に配慮したユニークな酒を、次々と商品化し、話題を呼んでいる。
酒造業のかたわら、教育や食、環境といった生命にかかわる問題をテーマに、地域貢献に努め、地元の教育委員長や学校給食運営の会長などを歴任する。蔵見学や蔵フェスタ、講演活動で、問題解決の鍵と確信する「発酵」の素晴らしさを発信し続けて、2012年4月18日永眠。

発売日

2007年8月30日

出版社

スタジオK

目次

はじめに 微生物から、生き方を学ぶ
第1話 蔵元に婿入りしたものの
第2話 何をやってもうまくいかない
第3話 どん底で見えてきたこと
第4話 本物の酒を造ろう
第5話 微生物って、スゴイ!
第6話 微生物が持ち味を発揮するのは?
第7話 生命ある食べ物をいただく
第8話 微生物をお手本にして
第9話 発酵場は、癒しの場
第10話 自分をなくす心のあり方
第11話 古き叡智との運命的な出会い
第12話 微生物が快い方向を示してくれる
第13話 微生物が「清潔の弊害」を教えてくれた
第14話 発芽玄米酒が大反響を呼ぶ
第15話 自然に還ることが、社会の腐敗を止める
第16話 社会も家庭も、腸内環境と同じ
第17話 みんなが豊かになる
第18話 発酵していくと幸せになる
第19話 これからは、いきいきわくわく
おわりに 「だまされろ」にだまされて

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。