白松 / ゲアンの古式天日塩 1

味に繊細な、和食にお薦めのお塩です。
入浜式塩田と天日塩田の2種類の塩田を利用した、天日の力のみの丁寧な塩づくり。
塩職人の匠の技により天日の力のみで海水を結晶化させ、旨みと甘みが際立つお塩が出来上がりました。

原材料名 海水
内容量 1
メーカー 株式会社 白松

ゲアンの塩の作り方

ベトナムの北中部に位置するゲアン省(NGHE AN)では、
3月〜10月頃の天気のいい日に、強い太陽の光と熱、風の力のみで、塩職人たちが2種類の塩田を使いながら塩作りが行われています。

◆入浜式塩田(濃縮海水を作る作業)
先ず、広大は入浜式塩田で、濃縮海水を作るための作業が何日もかけて行われます。
満潮時に海水は水路を通り、入浜式塩田(日本においては、瀬戸内沿岸を中心に江戸初期から昭和30年くらいの約300年続いた製塩法)に入ります。
毛細管現象で、海水は砂の表面で結晶化します。
結晶を含んだ砂は、ぬいに集められ、海水をかけられ、海水濃度が高くなります。
この作業を何回も繰り返すことにより、海水濃度は20%以上までに引き上げられます。

◆天日塩田(塩の結晶化の作業)
朝早く、きれいに掃除が行われた小さく区画された結晶塩田に、入浜式塩田で濃縮さえた濃縮海水が入れられます。
この結晶塩田では、毎日少量のサクサクしたフレークタイプのお塩が、その日のうちの夕方に回収されます。
一日で結晶した塩なので、大変白土が高い、きれいな結晶のお塩を取ることができます。味も抜群です。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

売れ筋商品