神谷油脂製油工業所 / 神谷さんの菜種油

神谷油脂製油工業所 / 神谷さんの菜種油

120ml300ml
購入数

昭和22年から油を搾り始め、岡山県で多い時は600軒以上あった製油所も今では神谷さんの製油所一軒だけ。
この油は、 昔からの圧搾機で搾り、 ろ過しただけのもの。
最近の、においや色を余分なものとして、きれいに精製された油分だけの油とは違い、菜種の香り、菜種本来の栄養を含んだ油自体でバランスのとれた油。

使い方は、炒めもの、揚げ物はもちろん、トーストしたパンに落としたり、スープに少し落としても大変香ばしくなります。
良い油を取りたいですね。

原材料名 菜種
製造者 神谷油脂製油工業所
加工者(小分け) 合同会社cotan

コタンのブログ記事より

1軒だけ!!岡山生まれ岡山しぼりの菜種油
岡山津山 神谷敬正さん 87歳。めちゃめちゃめちゃ元気です。
昭和22年から油を搾り始め、多い時は岡山で600軒以上あった製油所も今では神谷油脂製油工業所1軒だけ。
2年前に初めて訪ねた工業所、入るとそこは神谷さんの秘密基地!!ワクワクワでした。

自作の設備は、一つのモーターが、ベルトを違う滑車に付け替えることで煎る為の釜の動力になり、そして一方、真空ポンプの動力にもなるという工夫。昔から使われている道具のあるこういった場所を訪ねる度に、昔の職人さんの何でも一人でやってしまう工夫に、生きた知恵を見せられ、つめこまれただけの知識のふがいなさが浮き彫りになったりもしました。

原料が豊富にあった昔は大八車などで菜種を集めて回っていた。今では、原料の菜種を作る農家の減少とともに製油量も減った。しかし、現在4年前より井笠農業改良普及センターの取組で、笠岡で菜の花の栽培がおこなわれている。神谷さん、そこで取れた菜種も絞っています。つまり、岡山生まれ岡山しぼりの菜種油。

一般的な菜種油は、まずはじめに搾った一番搾りと、さらに違う大型の設備で強く搾った二番搾りを混合したものや、ベンジンなどの有機溶剤で抽出したりもします。
神谷製油所にあるのは強すぎない力で搾る昔からの圧搾機。
「二番はないから一番搾りでもない。これで搾っただけの油です。」と神谷さん。

においや色や味を余分なものとして、きれいに精製された油分だけの油とは違い、菜種の香りと、菜種本来の栄養を含んだ油自体でバランスの取れているもの。
良い油は意外と少ないものです。油を控えるという方向ではなく良い油を取るという方向。

「年をとったら焼きものをする」と庭に窯を作っていた神谷さん当時84歳。
こんなセリフが普通に出る肌ツヤの神谷さんと良い油の関係はとてつもなく深い。

2008.1.17 ひで

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。