吉田ふるさと村 / 七味とうがらし(瓶) 15g

吉田ふるさと村 / 七味とうがらし(瓶) 15g

購入数
価格 534円(税込)

唐辛子作りの盛んな、「よしだむら」の唐辛子と、同じ「よしだむら」の農家さんにより、丹精込めて作られた、6種類の野菜を、独自の配合で調合した『七味とうがらし』です。

原材料は「よしだむら」の野菜を100%使用。
吉田で採れる野菜で七つの味を選びましたので、ほかの七味とはちょっと違った吉田オリジナルの七味唐辛子です。
(「よしだむら」は島根県雲南市吉田町(旧吉田村)のことです。)

唐辛子の辛味が強すぎない、まろやかな辛さに仕上げようと、何十回もいろいろな配合で試しました。
特に風味の強い柚子と山椒の量には苦労しました。
こうした試行錯誤の末、とげとげしいだけの辛さではなく、7つの風味・香り豊かな『七味とうがらし』が出来上がりました。

うどんや鍋物にはもちろん、漬物にも。また、焼肉やピザ、パスタなど、様々な料理にお試し下さい。

原材料名 唐辛子、山椒、柚子、黒胡麻、春菊、人参、ごぼう(全て島根県吉田町産)
内容量 15g
製造者 株式会社吉田ふるさと村

コタンのブログ記事より 〜その1〜

奥出雲 吉田ふるさと村
奥出雲吉田は中国山地の山間に位置しています。訪れたその場所は緑が多く、澄んだ川のせせらぎや鳥の唄、そして砂鉄が取れたたら場として栄えた土地に残る神秘的な空気を感じました。

吉田ふるさと村では、安心な食品づくりのために、原料は地元農家と契約し栽培された野菜やお米を使用し、食品添加物をいっさい加えない安全な食品加工を行っていました。また、機能的・衛生的な環境の整った設備のもとで生産しています。
工場を見学させてもらった時は、今まで他の食品の製造所や工場を見せてもらった時となんか違うなあと思いながら歩いていました。少し間があって「ああ、そうか」とわかったのは、空気環境も整備されたクリーンで衛生的な室内は全く機械の音がしていないこと。静寂の中、手作業でビン詰め(おたまで一つづつ入れていた)しているところだった。
その環境で村でとれたものを使って村の若い子が淡々と作業している様子は、とても良い仕事場に見えた。

2009.4.12 ひで

コタンのブログ記事より 〜その2〜

吉田ふるさと村の村づくり
カチャカチャ・・・ トントン・・・
島根県出雲市にある株式会社吉田ふるさと村の加工場は静か。
機械を使わないから。
鍋に作った調味料を、ひとつひとつ手作業で瓶詰めしています。
“加工場”というよりも、“台所”と呼ぶほうがしっくりくる。
この“台所”こそ、吉田ふるさと村のコンセプトを表しています。

「ものづくりの先に仕事づくり、そして村づくりがある」

機械ではなく人の手を使うことで、雇用が生まれ、地元で採れた原料を使うから、農業が元気になる。
住民がたのしく安心して働ける場をつくっています。

さらに吉田ふるさと村は、村づくりの一環として水道工事や水道施設管理によるライフラインの整備や雲南市民の足となるバスの運行も行っています。
自宅の玄関から目的地の玄関まで送ってくれる予約型バスまであるというから驚きです。

地元の農産物を使うだけでなく、自らも商品の材料となる農産物を化学肥料や農薬を使わないで栽培している吉田ふるさと村。
原材料の100%が奥出雲産の七味唐辛子や、おにぎり味噌など、無添加で、おいしくて、おもしろい、吉田ふるさと村だからこそ作れる商品たは、人を大切にする村づくりのなかで生まれたものなんですね。

出雲研修ツアーの最後を飾った吉田ふるさと村。
話を聞いていると、私たちのお店「コタン」が頭に浮かびました。
「コタン」という名前も、アイヌ語で「村」を意味します。
人が集まり、時間や経験を共有し、つながってゆく。そんな「村」のようなお店でありたい。
物質的なオーガニックだけではなく、食べ物を通じて人と人との間に生まれるオーガニック感覚も大事にする。
別所蒲鉾店、西製茶、スモークハウス白南風、木次乳業、そして吉田ふるさと村を通して、あらためてコタンのあり方をかんがえました。

2014.10.22 コタンスタッフ 星島

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。